大阪地裁:盗難防止装置付き車にも保険金支払い判決

(毎日新聞の記事より)
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20051214k0000m040097000c.html


主な記事内容

 最新の自動車盗難防止装置「イモビライザー」を装備していたことなどを理由に、車の盗難保険金を支払わないのは不当として、奈良県香芝市の男性が損害保険ジャパン(本社・東京都)に500万円の支払いを求めた訴訟で、大阪地裁は13日、全額の支払いを命じた。島田佳子裁判官は「レッカー車で盗むことも不自然とは言えない」と指摘した。イモビライザー付きの車両を巡っては、保険会社側が盗難保険の支払いを拒否するケースが多く、同様の訴訟が相次いでいる。

 島田裁判官は、「駐車場は広い空き地で、目立った痕跡を残さずにレッカー移動させることもできた」と判断。その上で「キーとイモビライザーをすべて取り替えればエンジンをかけられる」と述べた。

詳細は毎日新聞のページをご覧下さい。


 

2005年12月18日 記


自動車保険比較 
事故対応で選ぶ自動車保険!


0.gif 15.gif car1.gif eWebRankingbanner.gif