10月契約分から事故を起こすと自動車保険料値上げ

2012年9月29日の朝日新聞朝刊に、自動車保険のことについて書いてありました。

今までは、事故を起こしたら、等級が3つ下がり保険料が高くなっていましたが、今度からは、等級が下がるだけでなく、事故後3年間は保険料をさらに高くするそうです。

   16等級で年間保険料が6万円だった場合の例が載っていました。

1年目2年目3年目4年目
無事故の場合17等級
5万8750円
18等級
5万7500円
19等級
5万6250円
20等級
4万6250円
事故を起こした場合13等級
8万8750円
14等級
8万6250円
15等級
8万3750円
16等級
6万円


このように保険料を値上げする最大の理由は、損害保険会社の自動車保険の運営が苦しいからだそうです。
値上げするからには、保険金の支払いもしっかりとやってほしいですね。

それから、もう一つネットで記事を見つけました。

【自動車保険制度改定】影響大!事故後3年間ペナルティ料率&等級据え置き事故も廃止

「等級据え置き事故」という、盗難や火災、台風・竜巻・洪水または高潮などの自然災害、飛び石などによる窓ガラス破損、飛来・落下物による損傷、落書き・イタズラ被害などの、契約者に責任のない被害で保険を使った場合、今までは等級は下がらなかったけど、保険制度の改定で、事故後1年間は割高な保険料を支払わなければならなくなるそうです。
これはちょっとおかしいと思いました。このサイトにあった大手損保の代理店関係者(匿名)の言葉『保険を使わず、保険料だけ払い続けろ』ということだと思いました。

関連記事

自動車保険、事故起こしたら3年は割高 損保各社導入へ

自動車保険がまたまた値上げ


でも、大きな事故に遭った時のために、やはり保険には入っていたほうが安心ですね。これから自動車保険に加入する方には、下記サイトを見て慎重に保険会社を選んでほしいと思います。

自動車保険を見直すページ

自動車保険比較 事故対応で選ぶ自動車保険!



ホーム