保険会社の社長に手紙を書いて解決した例

今日、ブログで見つけた記事です。こんな解決方法もあることを知り、皆様にもお知らせしようと思いました。

この方の場合の交通事故は、ご家族が停止させていたオプティに、バックしてきた前車にぶつけられたそうです。

相手の保険会社はどこなのか分かりませんが、被害者に対し、「クラクションを鳴らして危険回避をしなかった。」、ということを理由に90対10を主張。もちろん、停止していたら過失ゼロです。

3ヶ月も相手保険会社とやり取りが続いた後、この方は相手保険会社社長にA4二枚ほどの手紙を書き、その後、相手保険会社は100%の過失を認めたそうです。

このブログの記事は下記URLです。

http://minkara.carview.co.jp/userid/145232/blog/c145905/

2009.9.19

 

たった1通で人を動かすメールの仕掛け (青春新書PLAY BOOKS)

 

ホーム