保険会社向けの総合的な監督指針について

ある方から「保険会社向けの総合的な監督指針」についてメールをいただきました。

(前文省略)

http://www.fsa.go.jp/guide/guide.html

 本年8月12日に、金融監督庁が「保険会社向けの総合的な監督指針」が発表され、その中で、適時・適切な保険金支払いのための事実確認などについての留意点も示されているとのことで、9月28日現在、損保ジャパンについても検査実施中で、苦情処理に関するものに係わる情報をお持ちの方からの連絡が求められているという情報がありました。

 金融庁に問い合わせると、冒頭のアドレスにて、監督指針が閲覧でき、昨年の私の件は、Uー3−5−2に指針を示しているということでした。
もし、これらの監督指針を逸脱する事例があれば、出来るだけ多くの情報提供を頂きたいとのお話がありました。

(以下省略)

メールを下さった方へ:ご連絡下さいまして、ありがとうございました。

http://www.fsa.go.jp/guide/guide.html

上記URLのページに行き、「保険会社向けの総合的な監督指針」を見てみると、Uー3−5−2は下記のようにあります。保険会社から不当な払い渋りに遭っている方で、これらの監督指針を逸脱する事例であれば、金融庁に報告をしてください。

重大な問題があると認められる場合には、保険会社は行政処分となります。


U−3−5−2 保険金等支払管理態勢

(1)  意義
 保険金等の支払いは、保険会社の基本的かつ最も重要な機能であることから、保険金等支払事務が適時・適切に実施できるための支払管理態勢を構築しておくことが重要である。

(2)  主な着眼点

  @  顧客保護の観点から以下の態勢整備が図られているか。

  イ  保険金等支払に関する規定等の保険契約者等の保護に係る重要な事項の決定について、取締役会等の経営陣が関与する態勢となっているか。

ロ  保険事故の発生の受付から保険金等の支払に至るまでの実務を管理する保険金等支払管理部門を設置しているか。

ハ  保険金等支払管理部門等は、保険金等支払事務に関して、営業拠点等に対して指導・監督及び内部監査を行う等により、適時・適切な保険金等支払が行われるよう適切な管理を行っているか。

ニ  保険金等支払管理部門は、支払先に対して、公平・公正な保険金等の支払を行うよう態勢を整備しているか。

ホ  保険金等支払管理部門は、保険金等支払に関する適切な規定を整備しているか。

ヘ  保険金等支払管理部門は、保険金等支払に関する規定について、内部監査結果、不祥事件、苦情・問い合わせ等で把握した問題点を踏まえ、必要に応じて見直し、改善しているか。

ト  保険金等支払管理部門等は、保険金等支払状況等について、定期的に代表取締役(経営に重大な影響を与える問題については、取締役会)に報告しているか。


A  保険金等支払に際しての保険事故の事実関係や免責事由該当の有無の確認について、以下のような点に留意して管理を行っているか

  イ  保険事故の事実関係の確認にあたって、例えば@)被保険者、入院先、主治医等に対する確認などによる正確な事実関係の確認、A)災害等を原因とする保険事故の場合には、事故現場や警察署、目撃者などによる事実関係の確認、といった点に留意しているか。

ロ  免責該当事由の有無の確認にあたって、例えば@)事実関係に基づく免責事由の該当の有無、A)保険金額、給付金額、B)告知内容の確認、C)被保険者と受取人の関係の確認、といった点に留意しているか。


B  保険金等支払管理部門は、保険事故受付後の中間管理について、例えば以下の点に留意して管理を行っているか。

  イ  保険事故発生時、保険金請求時等各段階における、適時・適切な契約内容の確認

ロ  保険事故発生の連絡を受けて以降、保険金等の請求がなされないまま長期間経過しているケースについて保険契約者、保険金等受取人等への照会・確認

ハ  保険金等の請求を受けて以降、未決裁のまま長期間経過しているケースについて適正な処理が行われているかどうかを検証する態勢の整備



(3)  監督手法・対応
 保険金等支払管理態勢について問題があると認められる場合には、必要に応じて法第128条に基づき報告を求め、重大な問題があると認められる場合には、法第132条又は法第133条に基づき行政処分を行うものとする。



2005年10月9日 記



0.gif 15.gif car1.gif eWebRankingbanner.gif